【経験談】同棲中の彼にイライラ!喧嘩0カップルの解決方法

同棲

同棲をはじめるとこれまで見えなかった相手の一面が見えてきます。

そして相手の悪い一面に目がいき、イライラしてしまう事もありますよね。

読者の悩み
  • 同棲してからイライラが増えた
  • 皆が同棲でイライラすることってどんなこと?
  • イライラした時の解決方法が知りたい

このような方に向けた記事になっています。

同棲をはじめてから
ストレスが溜まってイライラすることが増えたという方も多いのではないでしょうか。

実際に、オウチーノの調査では66.9%の女性が同棲でストレスを感じているそうです。

ストレスを感じてしまうのは仕方ないとはいえ、やはりイライラしないに越したことはないですよね。

そこで今回は同棲してから喧嘩0の私が、
イライラした時の解決方法、彼に対してイライラしなくなった理由をご紹介します。

本記事で分かることは以下の通り。

  • 【実例】同棲でイライラしたことランキング
  • イライラした時の解決方法
  • 筆者が彼氏に対してイライラしなくなった理由
ぴよ吉
ぴよ吉

この記事は同棲歴約3年、今まで彼と喧嘩0の私が経験談をもとに書きました!

同棲初期はイライラする事が多くストレスもありましたが、今ではイライラする事がほとんどなくなりました

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

是非最後まで読んでみてください!



【実例】同棲中の彼にイライラしたことランキングTOP3

1位:してほしい時に家事をしてくれない

同棲中のイライラ第1位は家事に関すること。

全く家事をしてくれない訳ではないのですが、
私が「家事をしてほしい」と思う時にしてくれなかったのが不満でした。

衛生感覚の違いから「掃除したい」と思うタイミングが違い、
結局私が多く掃除をすることが多かった事がストレスの原因です。

私が掃除している横でスマホをいじっている彼を見ては
「なんでこんなに汚いのに平気でいられるの?」とイライラしていました…。

ただ、今では家事に対して全く不満を持っていないです。
私たちの家事の分担については下記の記事を参照ください!

2位:結婚や将来の話をさける

結婚を意識して同棲をはじめるカップルが多いなか、
いざ同棲すると結婚について考える事を先延ばしにする男性も多いようです。

彼もその一人。

私としてはまず先に2人の将来の事を考えたいのに、
結婚に対して温度差がある彼にイライラと不安がつのりるばかりでした。

結局、一度真剣に話し合ってお互いに納得できる結論になったのでこの問題は解決しています。

しかし、話し合いの時に驚いたのが
彼が「30歳くらいまでに結婚できればいいかな」と言っていたこと。

私たちが同棲をはじめたのが21歳の時なので、
9年も同棲を続ける想定だった事が私としては信じられませんでした。

結局きちんと話し合えたので良かったのですが、
同棲していると結婚生活と変わりなく感じられ、男性は結婚に対して消極的になりがちなのかも。

まだ真剣に結婚の話が出来ていない人は今すぐにでも話し合い
お互いの結婚観を確認することをおすすめします。

3位:集中している時に話しかけられる

一人で集中したいのに、話しかけられるとイライラします。

同棲していても一人の時間は確保したいという人も多いですよね。

一人っきりの時間ではなくても、せめて集中している時くらいは話しかけないでほしいと思うものです。

しかし、やはり同棲していると一人の時間を取りづらいのも事実。

どうしても一人になりたい、集中したい時は

  • カフェや図書館に行く
  • イヤフォンをつけている間は話しかけないようお願いする

など工夫が必要ですね。



【番外編】同棲中の彼女にイライラしたこと

彼女がイライラしてる事にイライラ

番外編として、彼氏にも彼女(私)にイライラしたことを聞いてみました。

穏やかな性格でめったに怒らない彼ですが、
唯一イライラすることが彼女がイライラしていること。

とつぜん不機嫌になったり、
理由を聞いても「怒ってない」の一点張りで何も答えてくれないことにイライラするそう

イライラするなら何が不満か教えてほしいとのこと。

女性は生理周期の関係で気分の浮き沈みが激しく、自分でもどうしようもない時ってありますよね。

でも生理特有のイライラを経験したことのない男性からすると
ただただ怒っているだけにしか見えないのかも。

冷静な時に
「イライラしててごめんね」「私がイライラしている時はそっとしておいてほしい」
と謝罪の言葉や解決方法を伝えておくのが良さそうです。



同棲でイライラしたときの解決方法5つ

解決方法①まずは一度一人になって頭を冷やす

自分でも抑えられないくらいイライラしてしまう時ってありますよね。

その場でイライラを吐き出したい気持ちも分かります。

しかし、熱があがっている状態では
言い方がとげとげしくなったり、つい言いすぎてしまったりと
本当に伝えたい事が上手く伝えられません。

どうしようもなくイライラしている時は、一度一人になって冷静さを取り戻す事をおすすめします。

寝る、家を出るなど
時間を置くこと、物理的な距離をとることで冷静さを取り戻せます。

解決方法②自分の頭の中を整理する

また、イラっとしたらすぐに

  • 何に対してイライラしているのか?
  • 何がそんなに不満なのか?
  • 彼にどうしてほしいのか?

を考えるのも頭を冷やすという意味では効果的。(紙に書き出すのも◎)

そうする事で自分でも気づいていなかった本当の気持ちに気づけたり、
自分に非がある事に気づけたり、
不要な言い争いを避けることができます。

感情的になっている時は自分を客観的に見て、
頭の中を整理するのがおすすめです。

解決方法③自分の気持ち、してほしい事を言葉にして伝える

冷静さを取り戻せたら、
イライラしている事、彼にしてほしい事を正直に言葉にして伝えてみましょう。

イライラしている事を「察して」はNGです。

きちんと話し合って、お互いが思っている事を言い合い、理解することが大切。

不満をぶつけるだけじゃなく、
どうすればお互い快適に暮らしていけるか?を考えてみてください。

解決方法④ルールを決める

お互いの意見を話し合い、快適に暮らすために新しくルールを決めるという方法もあります。

例えば家事の問題なら『「できる方がやる」ではなく、分担制にしてみる』など。

不満が溜まった段階で
新しくルールを作る、ルールを更新していく事は同棲生活で大事なことです。

同棲でのルールに関する記事はこちらが参考になります。

解決方法⑤家族や友人に相談/愚痴を吐く

正直に話せない場合や、彼に伝えた後でもモヤモヤする場合は、
第三者に相談・愚痴を吐いてみてください。

誰かに自分の気持ちを聞いてもらうだけで気分が楽になります。

また、自分では気付かなかった視点や解決方法を教えてくれるかもしれませんよね。

自分一人で抱え込まずに、誰かに相談してみるのも解決方法のひとつです。



私が彼氏に対してイライラしなくなった理由

彼への期待をやめた

彼への期待というのは例えばこんなこと。

  • 私がこんなに家事を頑張ってるんだからきっと彼も同じ分だけ家事をしてくれる
  • 私の帰りが遅い時には彼が料理作ってくれているはず
  • これくらいの掃除なら彼にもできるはず

今まで私は「これだけ彼のためを思ってやったんだからきっと彼も同じようにしてくれる」と心のどこかで思っていました。

しかし、彼とは生まれも育ちも価値観も違う他人です。

他人との共同生活において自分の価値基準を押し付けていてはうまくいきませんよね。

彼への期待をやめて
「身の回りのことは全部自分でやる。彼が家事をしてくれたらラッキー」
くらいに思うようにすると、イライラがなくなりました。

むしろ家事をしてくれる彼氏にとても感謝できるように。

期待値が低ければ低いほど、ストレスの度合いが減ります。

ぴよ吉
ぴよ吉

特に家事において、「期待をしない」という考え方は誰にでもおすすめです。

自分の時間も大切にするようになった

趣味を見つけ自分だけの時間を大切にするようになってからは、心の安定が図れるようになりました。

今まで何をするにも彼氏と一緒の「彼中心」の生活で、彼の些細な言動にもイライラしていました。

しかし、趣味を見つけて自分の時間を優先するようになってからは、
今までイライラしていた事でも全く気にならなくなったのです。

彼との時間だけじゃなく、自分の時間も大切にできると生活の充実感が生まれますよね。

結果として些細なことでイライラする事がなくなったのだと思います。

同棲でイライラするのは普通のこと!

同棲でイライラした時の解決方法は以下の通り。

  1. まずは一度一人になって頭を冷やす
  2. 何がそんなに不満なのかを考えてみる
  3. 自分の気持ち、してほしい事を言葉にして伝える
  4. ルールを決める
  5. 家族や友人に相談/愚痴を吐く

また、私が彼に対してイライラしなくなった理由は2つ。

  • 彼への期待をやめた
  • 自分の時間も大切にするようになった

同棲している2人は育った環境の違う他人同士。

自分の当たり前が相手に通じず、イライラしてしまう事は普通の事です。

まずは他人同士である事を理解することが大切。

そして思いやりの気持ちをもって、
どうすれば改善できるかを2人で話し合う事ができれば、素敵な同棲生活が送れそうですよね。

察してはNG!

まずはイラっとしたらお互いの気持ちを伝え合って、解決策を考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました