【家計簿公開】同棲の生活費は20万で足りる?私たちの事例

同棲

同棲を始める前に、おおよその生活費は把握しておきたいですよね。

一般的に、「同棲生活の生活費は20万円」という情報をよく目にします。

実際の所はどうなのでしょうか?

  • 同棲を始めたいけど、同棲の生活費は20万円で本当に足りる?
  • 生活費の内訳といくらあれば大丈夫か知りたい

今回はこんな方に向けた記事になっています。

この記事を読むと

  • 同棲の生活費は20万円で足りるのか
  • 節約なしカップル生活費20万円の内訳

がわかります。

ぴよ吉
ぴよ吉

節約下手なズボラ彼女、ぴよ吉です!

是非最後まで読んで見てください~

同棲の生活費は20万円で足りる?

結論から言うと同棲の生活費は20万円で足ります。

もちろん、地域によって家賃相場や物価も違うため一概には言えません。

ただ、「都内23区住み節約なし同棲カップル」でも20万円以内に収まっているため、

よほど贅沢な暮らしをしない限り生活費20万は現実的な数字と言えるのではないでしょうか。

下記では、世の中の生活費の平均金額と私たちの生活費についてご紹介していきます。

1か月あたりの平均消費支出~全国家計調査より~

まずこちらの表をご覧ください。

2021年7月~9月 家計調査(消費支出、世帯人数、世帯主の年齢を引用)

総務省統計局のデータによると、二人以上の世帯の1か月あたりの消費支出平均は26万6511円。

世帯人数平均が2.9人のため、一人当たりの支出を計算すると9万973円になりました。

これは単身世帯の14万6845円よりもかなり安く、一人暮らしより2人以上で暮らす方が生活費が安くなる事が分かります。

更に、見ておきたいのが平均年齢について。

世帯主の平均年齢を見てみると、60歳前後と、かなり幅広い年代層のデータが含まれている事が分かります。

今から同棲を始めたい」と考えているカップルは10~20代の若い方が多いと思われるので、

表にした統計局のデータよりも少ない支出で済むのではないでしょうか

データから分かること
  • 一人暮らしよりも2人暮らし以上の方が生活費が安く抑えられる
  • 2人暮らし以上の場合、一人当たりの生活費はおよそ10万円前後
  • 使用したデータは、調査対象者の年代がかなり幅広いため、「これから同棲を始めたい10~20代カップル」はこの表よりも少ない支出で済む可能性が高い

都内在住&節約なしカップルの生活費

私たちは都内23区内に住んでいる同棲カップルです。

また、後述しますが特に節約に力を入れている訳ではありません。

だからといって贅沢をしている訳でもありません。

おそらく、誰でも快適に暮らせるレベルの暮らしをしているのかなと思います。

もちろん、地域によって家賃相場や物価も違うため一概には言えません。

そんな私たちでも毎月の生活費が20万円以内に収まっているので、

多くのカップルは20万円以内で暮らせるのではないでしょうか。

生活費20万円以内の内訳

2人の収入

まず、私たちカップルの収入や生活費にまつわる情報をご紹介します。

  • 彼氏手取り20~25万、彼女手取り19~20万
  • 家賃補助なし
  • 共に新卒2年目会社員
  • 都内1LDK住み

ざっくりこんな感じ。

彼氏の方が若干お給料多くもらっていますが、生活費は完全に折半しています。

2人の生活費内訳

続いて、生活費の内訳です。

家賃95,000
食費45,830
日用品8,882
電気代5,766
ガス代1,701
水道代4,241
ネット代3,520
合計支出164,940

内訳はこのようになっています。

この月は少し食費、日用品、電気代など全体的に高くなっていますが、

いつもおよそ15万~17万くらいの金額で収まっていますね。

個人支出を含めた各々の出費合計

私たちは、このような生活費管理のルールでやりくりしています。

  • 生活費は完全に折半
  • 月初に生活費として一定額を支払う(75,000円)
  • 食費は2人一緒に食べる分だけ(個人のランチ代は各自で払う)
  • 生活費には、2人で近くに遊びに行くお金も含める

家賃以外の生活費は全て合わせて30,000円と想定して、毎月お金を出しています

そして、生活費と個人支出を含めたそれぞれの支出内訳がこんな感じ。

固定生活費77,500
投資99,990
食費(個人)10,848
交通費3,680
娯楽費(サブスク)2,970
合計194,988
たかぴよ
たかぴよ

大きな買い物をしない限り、支出が収入を上回る事はありません。

固定生活費77,500
投資90,000
食費(個人) 1,500
交通費 1,700
交際費12,000
医療費6,000
合計188,700

ぴよ吉
ぴよ吉

生活費+投資+自由に使えるお金(1~2万)で収入と支出がほぼぴったりになります。

余ったお金は旅行など大型出費に備えて貯金💰

私たちが気をつけていること

「節約なし」とは言え、私たちは全く節約に関心がないというわけではありません。

2人の暗黙のルールで「必要以上にお金を使ってはいけない場面」も存在します。

下記ではそのような、「私たちがそれとなく気を付けていること」についてご紹介します。

食費①:スーパーでの1回買い物はできるだけ1000円以内に収める

私たちはあまり自炊せず、毎日2人でスーパーに行ってからその日の食べる物を決めています。

ただ、食費が多くなってしまっている自覚はあるので、

1回の買い物はなるべく1000円以内に収めるように気を付けています。

自炊を頻繁に行い、何日分かの献立を考えてからスーパーでまとめ買いをする方であれば

もっと食費は安くなりますよね。

また、食費にはお酒代も入っており、毎月お酒代だけでおそらく7000円程かかっています。

自炊をしている&お酒を飲まないカップルは、ほぼ確実に私たちより食費はかからないでしょう。

ぴよ吉
ぴよ吉

お酒代の節約はしません(断言)

食費②:外食はほどほどに

食費の内訳に関して、私たちはお酒代がかなり多くなっているので、

その分外食は控えるようにしています。

やはり、食費の内訳で一番お金がかかるのは外食代。

2人でランチに行くと最低2000円

2人で飲みに行くと最低4000円は一気に飛んでいってしまうからです。

ここを抑えるだけでかなりの節約効果があるのではないでしょうか。

電気代:使っていない所は消す

気づいたら消す、ただそれだけです。

電気、エアコンをつけっぱなしのまま寝てしまった日が何日かあるので、

ちゃんと電気を消して寝ていればもう少し電気代は安くなったのかな、と思います。

たかぴよ
たかぴよ

電気代はもっと減らせるね・・・

ぴよ吉
ぴよ吉

全然節約できてなかったね・・・

ガス代:お風呂をわかす時は一緒に入る

お風呂をわかした時は、一緒に入り、追い焚き機能を使わないようにしています。

2人ともお風呂に入る時間が長いので、これだけでガス代の十分な節約になります。

たかぴよ
たかぴよ

節約効果だけでなく、2人ゆっくり話せる時間にもなるのでおすすめです

贅沢しなければ生活費20万円以内は可能!

今回は、節約をしていない私たちの例をご紹介させて頂きました。

特に節約に気を遣わなくても生活費20万円以内で収まっているので、

よほど贅沢をしない限り、多くのカップルは20万円以内で生活できます。

それでも

  • 生活費は最小限に抑えたい
  • 生活費以外での出費が多い

というカップルは普段から節約する事をおすすめします。

節約に関する記事はこちらから。是非チェックしてみてください!

コメント

  1. […] piyolog 同棲の生活費は20万足りる?節約なしカップルの生活費内訳を公開 同棲を始める前に、おおよその生活費は把握しておきたいですよね。一般的に、「同棲生活の生活費は20万円 […]

タイトルとURLをコピーしました